FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

「恐怖」から逃れたい。

こんばんは。
今日は、秋らしい爽やかなお天気でした。

さて、本日は、あまり楽しくもない病気ネタですので、
大丈夫な方だけ読んでくださいね。




今日は、ほぼ一日中ベッドの中で、過ごしてしまいました。
昨夜、寝るときに、ちょっとパニックになってしまって。

私は、パニック障害になってから、ここ10年くらい、
ずっと睡眠導入剤を使っているのですが、
最近、たまにですが、「眠りに落ちる恐怖」で、
パニック発作を起こすようになってしまったんです。

5年前、手術をした時に、全身麻酔をしたのですが、
手術室に入る時に、「身体の自由を奪われて強制的に眠らされる」ことで
ものすごいパニックになってしまい(←暴れた<汗)、
その時の恐怖がトラウマになってしまったようです。

それ以前から、MRI検査のような狭いところに閉じ込められるのがダメで
その度に、恐怖で発作を起こしていたのですが、
最近、それにも拍車がかかってきたみたいです。

先日受けた人間ドックでも、
ヘリカルCTで、検査中に恐怖のあまり機械から降りてしまったり、
胃カメラでも、具合が悪くなってしまったり…。

バカバカしいと思われるでしょうけれど、
どうしても「恐怖」に勝てないんです。
大声を上げて叫びたい、
走って外に逃げ出したい、
そういう恐怖です。

「眠りに落ちるのが怖い」なんて、ホント変ですよね。
でも、昨夜は恐怖のあまり、部屋を明るくして、
歩き回ったり、音楽をかけてみたり、
それでも、怖さはおさまらず、クタクタでした。

そのまま、朝を迎え、昼間はベッドでうとうと。
なんだ、眠れるじゃない…という感じですね(苦笑)。

どうやら、自然に眠りに落ちるのは、大丈夫みたいです。
「さて、寝るぞ」と、ベッドに入るのがダメなのかも。
「落ちる」感覚を想像するだけで、恐怖なんですよね。

パニック障害からうつ病になって以来、
ずっと不眠だったり、寝つきが悪かったりして、
導入剤を使っていたのですが、
「眠ろう」とすることが、恐怖に繋がるとなっては
本当にどうしていいやら(汗)。

とりあえず、導入剤を使うのは、しばらく控えようと思います。

私がパニックに陥るのは、

・狭い(圧迫感)
・側に誰もいない(助けてくれる人がいない)
・逃げる場所がない
・身体を拘束されている感覚
・暗い

という条件が幾つか重なった時なのですが、
そのせいで、病院での検査はもちろんですが、
社会生活で、けっこう支障をきたすことが多くて
本当に困ります。

病院でも、色々薬を処方してもらっていますが
『○○恐怖症』と呼ばれる不安神経症的なものは、
行動療法で治していくしかないらしいです。

飛行機に乗って、海外旅行に行くのが夢なのですが、
その前に、クリアすることが多すぎて、
ちょっと凹んでしまいました。

パニック障害になる前は、飛行機にも乗れたのになー。

ただ、飛行機に乗ることが好きではなかったし、
昔から、高い所や狭い場所が苦手ではあったので、
きっと自分の弱いところに、
「不安」や「恐怖」が宿ることになったんでしょうね。

それでも、最近はパニックになっても、
過呼吸にならずに済んでいるのは、
頓服と呼吸法のおかげかな。

あー、はやく普通の生活がしたいです(涙)。
今夜は、無事に眠れますように……。

↓本日の画像。これは…何だったっけ?(汗)
rose2012_10.jpg

たぶん、チャールズ・レニ・マッキントッシュ。
イングリッシュ・ローズです。

今、我が家の庭は、工事用の材料やブロックなどで、
大変なことになっていますが、
来月になったら、綺麗に片付くかなー。

関連記事

0 Comments

Leave a comment