fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』人物相関図

  • CATEGORY宝塚歌劇
  • PUBLISHED ON2012/ 08/ 25/ 11:00
  • COMMENT0
タカラヅカ版『銀河英雄伝説』の特設サイトに、
人物相関図がUPされていました。

なんか、ちょっと分かり辛くないですか?(苦笑)。

原作ファンの私でもそう思うんだから、
そうじゃない人には、何がなんだか…じゃないかしら。

架空の人物を含む歴史ものでも、『ベルばら』なら
ルイ16世も、マリー・アントワネットも、
マリア・テレジアも歴史上有名な人物なので
理解しやすいかもしれないけれど、
『銀河英雄伝説』は、まったく架空の未来の歴史だからなー。

ブラウンシュヴァイク公とか、リッテンハイム侯とか
フリードリヒⅣ世とかいっても、
全然ピンと来ないよね(苦笑)。

登場人物の名前を見ると、
全10巻の原作のうち、1・2巻部分みたいですね。

ヒルダの活躍は、原作では3巻以降だけれど
ヒロインにすえたので、ラインハルトとの絡みも増えるかも。

それにしても、主要メンバーの表情が、
しっかりと原作のキャラを掴んでいますねー。

ラインハルトのかなめちゃんはもちろんだけど、
ロイエンタールもミッターマイヤーも
キルヒアイスも、それぞれの性格が
ちゃんと表情に表れていて、驚きました。

オーベルシュタインとヤン・ウエンリー、
そして、アンスバッハがちょっと美しすぎるのが
ナンですけど(笑)。

まあ、タカラヅカですからね。

で、ヒルダ(ヒルデガルド)の実咲凛音ちゃんがいいかんじ。
アニメ版より、原作のイメージに近いかも。

私、アニメ版も、とても面白くて好きだけれど
登場人物のお顔だけは、どうもねー。
ラインハルトは、超絶美形という設定なのに、
えええ?と思うことも多いし(笑)。

コミック版の道原かつみさんの描くキャラクターの方が
ずっと美しいと思います。

何はともあれ、動くロイエンタールを観るのが
とっても楽しみです。
(って、ロイエンタールかい!)

帝国軍の双璧(ロイエンタール&ミッターマイヤー)の活躍、
舞台でも観られるといいなー。


↓バラクラのオールドローズです。

barakura_31.jpg

そういえば、『銀河英雄伝説』の中にも、
「夏の終わりのバラ」というエピソードがありましたっけ。

原作ファンなら、「ああ、あれね? うふふっ」と
ほくそ笑むと思いますが。
腐ってる私は、何かああいう展開は納得いかん(笑)。

(知らない人には、全然わかりませんよねー。
 でも、ものすごいネタバレになるので書けない……)







関連記事

0 Comments

Leave a comment