fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

記録好き

  • CATEGORY戯れ言
  • PUBLISHED ON2011/ 06/ 09/ 07:21
  • COMMENT0
先日図書館に行ったとき、「仕事ができる人のノート術」という特集に惹かれ、「The21」という雑誌を立ち読み(座り読み?)してしまいました。

学生時代から、他人のノートの取り方にとても興味があったんです。人のノートって面白いですよね。 手書きだけに、その人の個性が出ますし。

私自身も中学生くらいからでしょうか、ノートを作る事に異常な情熱?を注いでいたことがありました。ただ板書を写すだけでなく、自分なりに工夫して、コメントや図を書き入れたり。

高校時代も試験前に作ったまとめノートは結構人気で、その時だけ男子にモテモテ(死語?)でしたっけ。で、私のノートを借りた男子が、なぜか私よりいい点を取るという(苦笑)。

私はノートを作った時点で覚えたような気になり、満足してしまうタイプなので、あまり点数には反映されなかったような……(苦笑)。


勉強だけでなく、趣味の世界でもノートを作るのが好きでした。ロック好きだったので、所持アルバム(当時はLPだった)の情報や感想を記録したノート。マンガや宝塚の舞台感想を書いたノート。

そういうことが、後のホームページ作りに繋がっていったのだと思います。

今も色々なノートを作っています。日記・家計簿・自分のお小遣い帳(笑)。毎日書くものは、食事&体調記録ですね。その他に、読書記録・石鹸作成記録・カルトナージュ作品記録。

日記と家計簿は市販のものを使っていますが、それ以外は大学ノート(またもや死語?)に線を引いて使っています。記録魔なんでしょうか? ノートを1冊綺麗に使い終わると、ものすごい達成感があります(笑)。薄いので場所も取りませんし。

(これが、体調&食事記録ノート。見開きで1週間分)
体調&食事記録


こんなにノートを作って何か意味があるんだろうかという気もしないではないですが、日々何となく過ごしていると、主婦の1年もあっという間。そういう時に日記やノートを見返すと「色々やったなあ」と充実感に浸れるというわけです(笑)。

「仕事ができる」とは、あまり関係ありませんね(笑)。でも、自分で字を書いたり、日記をつけたりするのは、脳の活性化に繋がりボケにくいと本にあったので、まあ老化防止ということで。

ただ、家計簿などは記録するだけでなく、その内容を分析し、どこをどうすれば家計が改善するのか、記録を生かしていかなくちゃダメだなとも感じます。今月は黒字だった・使いすぎだったと一喜一憂して終わりじゃまずいですものね(笑)。

我が家はこの秋から年金生活(うわー)に入るので、もう少し真剣に考えないと。というわけで、今日もノート作りに励む私でした。

なんだか夢のない話ですみません(汗)。
ではでは。




関連記事

0 Comments

Leave a comment