fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

仕事復帰&父のこと

酷かった風邪もようやっと収まり、今日から仕事に復帰しました。
4月4日以来だから、約2週間ぶりですね~。仕事に行くと何とはなしにいつものペースに戻れるので、かえって気が楽です。

後から来たスタッフのみんなに、お悔やみの言葉を頂いて、かえって恐縮しちゃいました。うちのスタッフにも、お父様がずっと入院中の方、ご主人が入院中の方、認知症のお義母様を介護されている方、はたまたご自身が癌の治療をしながらお仕事もされている方など、大変な方が多くて、本当に頭が下がります。

まだ若くてご両親がお元気な仕事仲間には「お父さん、お母さんを大切にしてあげて。いなくなってから後悔しても遅いよ~」と言いました。

私も、せめて喜寿&金婚式を迎えさせてあげたかったと、それが一番心残りですね。一昨年に緊急入院してからは、どこにも連れて行ってあげられなかったし…。

3月には、週1回のディサービスに行くようになって、父もそれをとても楽しみにしていたのですが、それも3回で終わってしまいました。施設に父が亡くなった旨を連絡すると「あんなにお元気そうだったのに…」とかなり驚かれました。

見た目は元気そうだったのですが、身体の中は癌があちこちに転移していて、もうボロボロだったようです。お医者様にも「見た目よりずっと悪いので、いつ何が起こってもいいように覚悟していてください」と言われた父でした。

私が父の看病&葬儀などでバタバタしている間にも、世の中では悲惨な事件や事故、天災が次々と起こっています。本当に、人間、いつ何が起こるか分からないですよね。

生きている人間は、生きられなかった人の分まで、しっかりと生き抜かなくちゃならないと、今さらですがしみじみ思います。父が私の心に残してくれたものを胸に、私に何が出来るのか、改めて考えるこのごろです。

とりあえずは、一人残された母が、早く立ち直って、幸せに(というのも難しいですけれど。おしどり夫婦でしたので)暮らして欲しいというのが、今の一番の願いかな。


明日は、母のために、ひじきの煮物・蕗の含め煮・筍ご飯・豚肉の紅茶煮・鶏と牛蒡と大根の味噌煮込み・里芋の煮物などなど、大量の「お袋の味」を作って実家に出向く予定です。どうやら、私がいないとろくな物を食べていない模様なので(インスタントラーメンとか<笑)。

お悔やみのメールやお手紙を下さった皆様、本当にありがとうございます。とりあえず忙しいので元気ではおりますが、何しろファザコンだった私なので、これからもしばしば、日記上で父の思い出に浸ってしまうと思います。どうぞ、ご容赦くださいませ。

すでに、ご両親を看取られた皆様、本当に大変でしたね。その心の傷をどのように乗り越えてこられたのか、まだまだ未熟者の私にはお察しすることができません。やはり時間が解決してくれるのでしょうか?

そして、まだご両親がご健在の皆様、どうぞ、お父様・お母様を大切になさってくださいね!!後悔だらけの暁生からのたったひとつのアドヴァイスです。

関連記事

0 Comments

Leave a comment