FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

いろいろと、思うことアリ。

  • CATEGORY戯れ言
  • PUBLISHED ON2008/ 07/ 24/ 18:58
  • COMMENT0
皆さま、こんばんは。
昨夜、東北の方で、また地震がありました。今回は震源が深いため、かなり遠い地域でも激しく揺れたとか…。北の方にお住まいの皆さま、お怪我などありませんでしたでしょうか?

私の住む茨城県南も、地震の巣と言われている地震頻発地域なので、本当に怖いです。首都直下型地震や東海地震なども言われるようになって久しいですが、こうなってくると現実味を帯びてきますね。我が家は、私も夫も実家が都内、特に夫の両親は大正生まれと高齢なので、もしもの時のことを真剣に考えなければいけないと思います。


●ささいなことだけれど。

私の(公けの?)仕事は、ファミレスのフロアスタッフ。専門知識がなくても誰にでも出来る仕事だし、下は高校生から上は私のような熟年に差し掛かった主婦まで、様々な年代の人がやっています。

私もかれこれ10年ほど今の仕事をしておりますが、それでも毎日新しい発見がありますし、少しでも自分の仕事のクオリティを上げようと努力しています。昨日より今日、今日より明日と、出来ることが少しでも増えることが、私の喜びなんです。

他人から見たら、本当にささいなことだろうし、つまらない仕事だと思われているかもしれません。でも、そんなことはどうでもいいと感じます。自分が分かっていればいいことだから。

人から認められるのは、もちろんとても嬉しいですが、認められないからといって、仕事の手を抜こうとは思いません。同じ仕事をしていても、お金のためと割り切って、最低限のことしかしない人もいますが、そういう時間の使い方って、本当にもったいないと思いますね~。

私は、たとえただの自己満足と思われようとも、頑張る自分を褒めつつ(笑)、自分のために楽しく仕事ができたらいいなと思います。


●いいときも、悪いときも。

じ~んせいらくありゃ、く~もあるさ~♪
とは、水戸黄門の主題歌ですが(笑)。
いいことも悪いことも、そうは続かない…と最近つくづく思います。そして、いいことも悪いことも、すべて自分次第だとも思います。

昨年は、父は亡くなるし、自分も病気で入院&手術をしたし、客観的に見ればあまりいい年ではなかったかもしれませんが、その代わり、得るものも本当に多かったです。大勢の人の愛情や思いやりををいただきましたし、そして自分なりにあの難局を何とか乗り切ってこられたことは、大きな自信に繋がりました。

「親を看取れば、一人前」と、すでに両親を送った友人にも言われましたが、その言葉をしみじみ噛み締めた年でもありました。悪いことを自分のプラスになるようにもっていくのも、自分の心がけ次第だと感じます。

反対に、いいことに浮かれていると、思わぬところから足元をすくわれることもあります。出る杭は打たれるとも言いますが、人と違うことをしたりすると、そんなことも起こります。いいことがあっても、それは自分だけの力ではなく、周りの協力と理解を得られてこそだという謙虚な心を、いつも忘れないようにしたいです。

「得意淡然 失意泰然」…やはり、賢人の言葉は深いです。



さて、明日で今週のお仕事はおしまい。
夏バテなのか、少々身体がだるいですが、もうひと踏ん張り頑張ります。皆さまも、夏バテに気をつけてくださいね~。

関連記事

0 Comments

Leave a comment