FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

タカラヅカ~という感じ

  • CATEGORY宝塚歌劇
  • PUBLISHED ON2018/ 05/ 16/ 22:00
  • COMMENT0
今日は、宙組公演を観劇してきました。

お芝居は『天は赤い河のほとり』。
原作マンガは、かなり昔、途中まで読んだ覚えがあるのですが、
ラストは知りませんでした。

タイムスリップで古代オリエントに行く話って、
ちょっと「王家の紋章」に似てますね。

原作と、どこが同じでどこが違うのかよく分からずに観ましたが
けっこう楽しかったです。
コスチュームものなので華やかだし、
「宝塚を観た!」という満足感がありました。

ただ、予習なしで観たので、あっきーの女役にはびっくり!
アムネリス様かと思ってしまいましたよ。

ショーは『シトラスの風』。
もちろん、初演も観ております。

全ツで再演していますが、本公演のでの再演は初めてかな?
音月桂ちゃんの初舞台公演ですよね。

私は、全ツ版は観ていないので、本当に20年ぶりのショーでした。
出だしの「TAKE A CHANCE GET A DREAM♪」を聞いた瞬間、
懐かしさでいっぱいになりました。

そして、「明日へのエナジー」。
この場面も、何度か再演されていますね。
初演当時、仲間うちでもずいぶん話題になりました。

「ノスタルジア」は、シチリアが舞台の場面ですが、
ルキノ・ヴィスコンティ監督の『山猫』の舞踏会の場面みたいでした。
星風まどかちゃんのお衣装とか髪型が、
めっちゃクラウディア・カルディナーレっぽかった(笑)。

岡田先生のレビューは、華やかで品があるので
初めて宝塚を観る方には、いいんじゃないでしょうか。

お芝居もショーも、「ザ・タカラヅカ」な感じでした。
先月の月組公演が、お芝居は現代の日本が舞台、ショーもかなり異色だったので、
余計にそう感じたのかもしれません。

次の星組公演は、日本物&ショー。
落語ミュージカルってどんなのかな?
最近の宝塚は、色々バラエティーに富んでますね(笑)。


↓安定の(笑)。

2018_05_44.jpg

今回、友の会抽選に外れて、どうなることかと思いましたが、
何とか観劇することができました。
しかも、前方どセンターという良席!
本当にラッキーでした。


関連記事

0 Comments

Leave a comment