fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

鈴木治彦さん

  • CATEGORY宝塚歌劇
  • PUBLISHED ON2004/ 04/ 02/ 16:47
  • COMMENT0

宝塚ファンにはおなじみの方ですよね?
なんて、私以上の世代の方しか知らないかしら?

元TBSのアナウンサーで「奥様8時半です」という番組の司会を長くされていた方です。
歌舞伎や大相撲など伝統芸能にも造詣が深く、宝塚ファンとしてもよく知られる
いわば民放版の山川静夫さんのような方です。

1970年代の「宝塚・ベルばらブーム」の時には、鈴木さんの番組に、
ショーちゃんやオトミさんが出演されて、私も食い入るように見た覚えがあります。
(当時はビデオもなかったのです…涙)

というわけで、東宝劇場でよくお見かけするダンディな鈴木さんに
勝手に親しみを持っていた私でしたが、
先日の花組公演の時にもいらしておりました。

息子が用を足しに行っている間に鈴木治彦さんを発見した私は、
「あ、鈴木さんだ~♪」と嬉しくて目で追っていました。

でもって、息子に「今ね、鈴木治彦っていう有名なアナウンサーの人がいたのよ♪」と
教えたところ、「どの人?どの人?」と彼は興味津々。
何しろ田舎育ちゆえ、TVに出る芸能人に弱いのです(苦笑)

その後、休憩時間も終わろうとする頃、鈴木さんを見つけた私は
「ほら、あの人よ~、あの眼鏡をかけたおじさん」と教えたところ、
彼は興奮して鈴木治彦氏をじっと熱いまなざしで見つめておりました。

そして、さあ、そろそろ席に戻りましょうという時、
こちらに向かってスタスタ歩いてきた鈴木治彦氏、息子の肩にポンと手をやって
「こんにちは」とにっこり。
息子も悪びれることなく「こんにちは」と頭を下げておりました。

あああああ、バレてたのね~~。
恥ずかしくて赤面したのは、母親の私でした。
もう、深々と鈴木さんに頭をさげましたわ……。

でも、知的で穏やかな笑顔がとてもチャーミングで、ますますファンになってしまいました。
年齢的には私の父くらいの方ですが、本当に素敵な方でした。
ちょっと息子が羨ましかった私です(笑)

2004/04/02 (FRI)


関連記事

0 Comments

Leave a comment