FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

≪更新情報≫ ギャラリーに「舞風りら オフイラスト」をUP

今日は立春ですね。
関東地方は久しぶりに穏やかな青空が広がりました。
梅の花の蕾もほころび、春らしい気分です。

というわけで、春らしさ満開!娘役シリーズ第三弾です♪
今回は雪組トップ娘役の舞風りらちゃんです。

まーちゃんは花組から組替えで雪組に来たわけですが、
渚あき・大鳥れい・ふづき美世・沢樹くるみ・彩乃かなみなど
花組は娘役激戦区でしたので、
今ひとつ恵まれないポジションかな…という時期もありました。
雪組に来て、みごとに花開いたという感じですね。
よかったよかった♪

それにしても、娘役さんって本当に大変。
まあ男役でもある程度はそうだけれど、男役さん以上に
順当に出世していく人が稀なんじゃないかと思ったりもします。

新公の主役を務め、次こそはトップの相手役…と思っていたら、
突然下級生からの大抜擢!なんていうのはよくある話だし、
思わぬところからダークホースが…というのも、よくある話。

ゆうこちゃん(風花舞)退団後、次は当然あつ(千紘れいか)かと
思っていたら、何と月組から雪組に組替えになったばかりの檀ちゃんが
突然の月組トップ娘役に…という時も、みんな驚いたし、
タモの相手役にみどりちゃん(大鳥)が内定して、
「トップの夢は消えた…」と嘆いていたあきちゃん(渚あき)ファンの友だちは
まさか数年後にあきちゃんが星組でタータンの相手役になるなんて
思いもよらなかったでしょう。

そういう意味では、今、実力の割に不遇なポジションにいる娘役さんも、
いつの日か…の夢があると思って、くさらずに頑張ってもらいたいです。

それにしても、宝塚のトップ娘役人事って、発表された時には
「??」とびっくりするすることも多いけれど、蓋を開けてみたら
「なるほど~~」と納得する事も多くて、やはり長年多くの生徒さんを
観ているだけあるなあ…と感心します。

こむりらコンビも、人事の妙…という感じですね。
うーーん、上手い!
中日公演、私は観にいけませんが、パワーアップした舞台を期待します♪

2004/02/04 (WED)

関連記事

0 Comments

Leave a comment