fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

≪更新情報≫ 「Memories」に「ベルサイユのばら」をUP

「エースをねらえ!」とくれば、やはり「ベルばら」でしょう(笑)
読み返してみて、いかに自分が「ベルばら」に熱中していたかを実感しました。

何とレコードまで出ていたんですよ、知っている方いましたか?
しかも、ジャニーズ事務所だっ(爆)
妹が「ベルサイユのばら」を歌っていたJJS(ジャニーズ・ジュニア・スペシャル、
フォーリブスの弟分)の林正明クンのファンになったので、
付き添いで当時六本木にあったジャニーズ事務所まで行ったこともあります…(笑)

ラジオドラマも、毎週録音していました。
唯一観てないのが、森田日記がオスカルをやった舞台。
なんとあの「スター・錦野」が、アンドレとフェルゼンの二役でした。
どんな舞台だったんだろう…。
スチール見た時点で、ちょっとチャチな印象だったので観るのを止めましたが
やはり評判は今ひとつのようでした。

それに比べてあれだけストーリーを捻じ曲げながらも(爆)
口うるさい原作ファンを納得させてしまうのだから、やっぱり宝塚の底力はすごい!

なんだか、私に原作「ベルばら」を語らせたら、長いわよ…という感じですね(苦笑)
あの頃(当時中学生)は、生活の全てが「ベルばら」一色でしたから…。
(おい、勉強は…?)
父親の仕事の関係で転校が多かった私は、当時北海道から東京に戻ったばかりで
小学校3年生以来の東京での生活に最初は戸惑っていたものの、
「ベルばら」のおかげで友だちもすぐに出来たし、学校にも馴染めたような気がします。

でも、あまりに「ベルばら」や、その後は「宝塚」や「プログレ」に
熱中していたので、本当の恋愛をする暇が全然なかった…。
ああ、この頃から「ヲタク」な人生を歩み始めたのかもしれません…。

宝塚ファンの中に、かつての原作ファンってどれくらいいるのでしょうか?
ちょっと興味がありますね。

2004/01/23 (FRI)
関連記事

0 Comments

Leave a comment