FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

刑事ドラマのキモは、チーム力!

先日の、私の腐全開な『ハンチョウ』萌えの暑苦しい記事に、
同じ星の方(笑)から、
「アマゾンプライム会員なのですが、どのエピソードがおすすめですか?」と
ご質問頂きました。

うわー、ありがとうございます。
興味を持っていただけで、光栄です。(誰得?)

とはいえ、私もまだ、ほぼ1回ずつしか見ていないので、
あまり「コレ」って言えないのが辛い。
しかも、腐視点でしか見ていないので、お話として面白いかどうかが分からない…のですが、
まあ、腐的に印象的だったエピを選んでみました。

○シーズン1*13話**「襲われた妻は不倫していた!? ダメ夫の秘密」
 (裏テーマ:村雨がおおっぴらにハンチョウに告る&うだうだ悩むハンチョウに萌える回)

○シーズン3*2話**「刑事になりたい!ミニパトポリス、危機一髪」
 (裏テーマ:ついに?ハンチョウが村雨に告る&拳銃を構える村雨のリングに萌える回)                 

○シーズン4*9話**「愛と青春の張り込み…桜井刑事、恋をする」
 (裏テーマ:桜井、村雨をお兄ちゃん呼び&ネクタイを緩める村雨に萌える回)

○シーズン4*10話**「ついに殉職者が…凶弾に散る」
 (裏テーマ:高野警部を振った村雨のチーム愛に、桜井が涙する回)



Mさま、いかがでしょうか?
また、ご感想など頂ければうれしいです(笑)。

お話としてはもっと面白い回もありますが(汗)。
ただし、シーズン4*10話は、最終話への序章なので、ラストまで見たくなるかもしれないです。

また、桜井回が入っていますが、私、桜井君が好きなんです。
っていうか、村雨を慕うワンコな桜井君が、可愛いので(笑)。

それから、鍵コメくださったYさま、タレコミ、ありがとうございます!
眼鏡男子の件、さっそく捜査開始いたします(笑)。


でもって、ちょっと見てみましたよ。
シーズン5の『ハンチョウ~警視庁安積班~』を。

なんなの? あのアウェイ感。
だめだ、やっぱり神南署じゃないと!
あのチームワークが好きだったのに…(涙)。


↓こんなの『ハンチョウ』じゃないから。

2017_09_05.jpg

中の人は、嫌いじゃないんですけどねー。
なんかね、寄せ集め&ぎくしゃく感ハンパない。
トップスターが突然組替えしても、ここまでじゃあるまい(笑)。


↓やっぱりこのチーム!

2017_09_04.jpg

部下思いの安積班長と、真面目で優秀な村雨、
アイコンタクトと頷きだけで察しあう、安積&村雨コンビが好きだったのに(涙)。

厳しいけどホントは優しい水野真帆(黒谷さん)と、
おちゃめだけど勘が鋭い須田(塚地さん)、
正義感が強くて爽やかな黒木(賀集くん)が好きだったのに。
叱られつつも村雨を慕う桜井(山口くん)が好きだったのに……(泣)。

シーズン6で終わるなら、神南署のままで良かったのよ。
いいじゃん、所轄だって。
っていうか、所轄だからこそ面白かったのに。

村雨も言ってたじゃん、
「少しでも長くこのメンバーと事件を追い続けたいんです。たとえどんなに小さな事件でも」って。
みんな、うるうるしてて(特に桜井)、私ももらい泣きしましたよ。

というわけで、
5と6はなかったこととして、スルーすることにしました、きっぱり(笑)。

シリーズもののドラマって、本当に難しいですね。

私は、ドラマと言ったらほぼ刑事ものしか見ない人なのですが、
最初は面白かったのに、やっぱり長くなるにつれて、
マンネリというか飽きてしまう。

『相棒』も、神戸君の頃までは楽しく見ていたのですが、
今はもう、見ても見なくてもいいやという感じ。

『科捜研の女』は、ストーリーは別として(汗)
マリコ姫とナイトの土門さん、そしてメンバーに愛着があるので、見ている感じ。
でも、萌えはないですねー。

『科捜研』と同枠の『捜査一課長』は、土門さんの中の人が主演で、
やっぱりメンバーが気に入っているので、見ています。

あとは、今日新作が放送になる『警視庁機動捜査隊216』。
これは、マリコさんの中の人が主演で、ストーリーが割と面白いので好き。

チームとしての面白さには欠けますが、機捜のお仕事ぶりがリアルで、
何かの時(何の時だよ)に使えそうだなと思いながら見ています(笑)。

あと、夫の付き合いで、『刑事7人』とか『遺留捜査』を、チラリと流し見。
イマイチ楽しめないのは、やっぱりチームに魅力を感じないから。

そうそう、『9係』もありました。
あれは9係の面々が面白いので、今や同枠の『相棒』より好きだけど、
係長なきあとどうなっちゃうのかな?


うーーん、刑事ドラマのシリーズもので見てるのはこんな感じ。
どれも、そこそこ楽しく見てるけど、
ハマるというほどのものはないですね。

映画化されたら行くかというと、行かない(笑)。

神南署チームの『ハンチョウ』なら、迷わず行きます。
パンフはもちろん、グッズとかも買ってしまいそう(笑)。

長年刑事ドラマを観ているし、
ミステリー好きなので、筋はたいてい読めてしまうから、
結局、登場人物の魅力とチームとしての魅力がないとダメなんですね。

トップだけ輝いていてもダメ、周りが魅力的じゃないと…というのは、
宝塚と一緒だなーと思います。
ただし、トップが輝いていないのは、論外(汗)。

というわけで、刑事ドラマと宝塚のキモは、チーム力だとよーく分かりました(笑)。


*おまけ*

昔は、刑事ものではよく見られた喫煙シーンですが、
時代を反映して、今は、喫煙する刑事って皆無ですね。

宝塚の舞台でも言えますが、煙草を吸う姿は男っぽく見えるので、
刑事ドラマでも喫煙シーンがあったと思うのですが、
それなしでカッコよく見せるんだから、皆さんすごいなと思います。

ちなみに、『ハンチョウ』での、安積班長の男らしさは「ワイシャツ袖まくり」で
村雨は、逮捕術と結婚指輪だと思っています(笑)。










関連記事

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/05 (Tue) 14:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment