FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

キャプテン・ネモ、観てきました

  • CATEGORY宝塚歌劇
  • PUBLISHED ON2017/ 08/ 30/ 21:00
  • COMMENT0
今日は、新しくなった日本青年館で、昨日初日を迎えた
雪組『CAPTAIN NEMO』を観てきました。

主演の彩風咲奈ちゃんの初・東上公演のということで、開演アナウンスでは、拍手が。
こういうところ、宝塚ファンって優しいですよねー。

まだ初日開いたばかりなので、ネタバレになりそうなことは避けますが、
観てる途中で、ものすごい既視感がしたんです。

谷先生、船、キャプテン…、
あ、船長(ふなおさ)…、アナジ??
筋立てはちょっと違いますが、船長と彼を慕う仲間たちの話ってとこは同じ(汗)。
谷先生、好きなんですね、こういうお話が(笑)。

咲ちゃん、ダンスシーンがたくさんあって、
ファンはうれしいのではないでしょうか。

私のお目当ては、月組から組替えしてきたあーさですが、
英国海軍の少佐にして、端正・不機嫌・無表情、たまに苦笑…なツンデレキャラで
もう、私の好みのど真ん中。
軍服を着て立っている、その佇まいが素敵すぎる!

そして、最後の方で見せる、はにかんだような微笑み、
フィナーレの満面の笑顔で、もう大満足、ご馳走様でした。

……すみません、ファンの欲目ですのでご勘弁を(汗)。

谷先生の脚本、はっきり言って突っ込みどころ満載です(汗)。
特に1幕は、「え?」という感じでした。
あまり書くと、ネタバレになるのですが、まあ、色々「やっちまった」感が。

でも、主演の咲ちゃんはじめ、下級生まで熱演していて
生徒さんたちの頑張りで、成り立っているのかなーと。
それでも、下級生まで台詞ありソロありで、こういう気配りはやはりベテランですね。

久しぶりの青年館でしたが、ファミマも入っていてなかなかよい感じでした。
ただ、お化粧室の行列は相変わらずで、休憩時間は大変です。
高齢の母を連れて行くのは、ちょっと難しいなと感じました。


2017_08_38.jpg

久々の日帰り観劇で、慌ただしかったですが、
軍服あーさを満喫できたので、とりあえず幸せです。




関連記事

0 Comments

Leave a comment