FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

紙モノ問題

今朝、洗濯物を干しながら、PCで『ハンチョウ~神南署安積班』を流していたら
夫がやってきて、「お、懐かしいなあ。なんでハンチョウなんて見てるの?」
と言われてしまいました。

言えない。
ハンチョウで村安妄想してます…なんて。
実は、安村もOKだし、桜村も大好物です…なんて(汗)。
この秘密は、墓場まで持って行くつもり(笑)。

実際、紙の本でヤバめのものは、ほぼ処分しました。
Kindle で出てるものは、そっちに移行。

本当は紙の方が好きですが、Kindle は場所も取らないし
まあ、家族にも見つかりにくいと思うので。
これで、いつ死んでも大丈夫です(笑)。

15年くらい前かな、今よりずっと深く腐っていた頃、
「急に死んで、家族にそれ系のマンガ見つかったらヤバいよね」
みたいな話を腐れ仲間内でしていたのですが、
まさか、本気でそういう対策を考える年になったとは・・・。

私が、こういう世界に転んだのは、
高校時代に読んだ、萩尾望都さんの『トーマの心臓』からなのですが
当時は、そういう分野はまだなくて、ただああいう世界が大好きで
ひとりでモヤっていました(笑)。
今でいう「萌え」ですけど、そんな言葉もなかったんです。

あれから40年あまり。
ああいうのは若いうちだけの嗜好なのかと思っていましたが、
どうやら死ぬまで治らないようです。

4年前の今頃、胆石の疝痛(せんつう)発作で、救急搬送されました(汗)。
緊急入院なんて、ホントいつやってくるか分かりません。

頭の中は腐っていても、いちおう身辺整理(笑)。

ちなみに夫は、自分の書類関係を電子化しています。
それ専用のスキャナーもあるので、いわゆる「自炊」も出来ると思うんですけど
その手間をかけてまでとは、なかなか。

「死んじゃったら関係ない」と言われれば、まあ、そうなんですが、
めっちゃ真面目な夫がショックを受けたら、かわいそうかなーと。
(たぶん違う星の人なので、嫌悪感持ちそう)

反対に、息子の方は、「こいつ、やっぱりな…」って思うんじゃないかな(苦笑)。


↓8月の薔薇。 あちこち伸びてるウィリアム・モリス。

2017_08_31.jpg

まめな薬剤散布のおかげで、病気と害虫はまあまあ防げていますが
夏バテ気味の株もいくつかあり、下葉が少し黄変しています。
頑張って夏を乗り切ってほしいです。













関連記事

0 Comments

Leave a comment