fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

宝塚、「好きの序列」 その2

  • CATEGORY宝塚歌劇
  • PUBLISHED ON2005/ 06/ 13/ 17:52
  • COMMENT0
ええと、一番好きな人のところで、やけに長々と語ってしまったので
(まあ、1番だから仕方ないと許してください)
2番目以降は、スキッと?行きたいと思う。(オヤジギャグ?)


私の2番目(★★★)に好きな人遍歴

◆麻実れい(元雪組トップ・OG) → 音羽椋(元星組男役・OG)
 → 真琴つばさ(元月組トップ・OG)→ 瀬奈じゅん(月組トップ)


ターコさんを初めて観たのは、やはり『ベルばら』のアンドレである。
当時、研6という大抜擢だったが、とても若々しくて堂々としたアンドレだった。
とにかく背が高くて綺麗…。いっぺんでファンに。

でも、何しろ当時はオトミさんにラブラブだったから、
ただ「カッコイイなあ」「すてきだなあ」という感じだったと思う。

オトミさんが退団後も、ターコさんだけはずっと好きで、
受験体制に入ったり就職したりで忙しくなっても、雪組だけは観劇していた。
が、ターコさんが退団する前年に結婚し、生活がガラリと変ったので、
ターコさんのサヨナラ公演とともに、宝塚ファン生活に別れを告げた私だった。


オトコちゃんこと音羽椋さんは、とどちゃんで宝塚に復活してから初めて舞台で見初めたスターだ。
演目は星組の『ダルレークの恋』、帝国劇場での公演だった。
マリコさんの子分みたいなチンピラの役だったが、そのヤクザっぽさ男っぽさにドキ!

とどちゃんが辞めたら、オトコちゃんを応援しようと密かに決心(笑)
当時、“心の2番手”と呼んでいた。
ちなみに、オトコちゃんの誕生日もとどちゃんと同じ8月11日。奇遇です…(笑)

が、なんと、オトコちゃんは『黄金のファラオ』で、まさかまさかの退団!
これは本当にショックだった…。
もし桂ちゃんがいなかったら、私は今頃オトコちゃんに嵌っていたかもれないのに…。
今は、中村音子という本名に戻って、舞台で活躍中のオトコちゃんである。

次、というか、オトコちゃんとちょっとダブっているのが、ご存知、真琴つばさ様だ。
彼女も、トップになってからずっと観ているはずなのに、いったいいつファンになったかは不明。
最初は、カッコイイけれど、あのクセのある歌い方が苦手だったのに、
気づいたら、好きだった…(笑)

たぶん、『WSS』くらいから気になり始めていたんだと思う。
『螺旋のオルフェ』のSSの軍服姿には、相当クラクラしていたし、
『LUNA』では、もう完璧におちていた(苦笑)

退団後のコンサートにも行ってしまったくらいだから、今でも結構好き度高し(笑)


そして、今の2番目ご贔屓は、言わずと知れた瀬奈じゅん様♪
彼女を知ったのは、友人がファンでいつも話を聞かされていたから(笑)
当時、まだマヤミキさんがトップの時代だった。

『スピーク・イージー』の新公の写真を見て、「カッコイイ!」と思ったが、
ファンになったのは、ずーーっと遅くて『琥珀色の雨にぬれて』の東京公演のルイ。
そして『カクテル』のすべて♪(笑)

いや、あの公演の時は「どうして私はこの人の魅力に今まで気づかなかったんだろう」と
マジで思った。(っていうか、花組へのチェックが不足していたためと思われる)
それくらいカッコ良かった。
実は1年間だけFCにも所属。でも、桂ちゃんのために辞めた。

そして、いよいよ月組トップに就任の瀬奈じゅん。今後がますます楽しみである。


で、2番目に好きなスターの条件
1.誰か他のスターとも両立できる。
2.お茶会やDSには行きたいが、大劇場まではちょっと。
3.1番のスターさんがいるので、FCには入らない。


さて、その他というか、3番目モード(★)で好きなスター。

◆樹里咲穂&真飛聖&壮一帆(好きになった順)

これは、めっさお気に入り~のスターさんたち。

樹里ちゃんは、残念ながら退団が決まっているから無理として、
まとぶん&壮ちゃんは、ナンバー2に昇格(すみません)する可能性大!
つまり、心の2番手予備軍と言えようか?

かしげちゃんときりやんも、かなり好きなので、もしや~の予感。
雪組は、ジュンコさん・ターコさん時代から組全体を愛しているので、
まだまだご贔屓が出てくる可能性もある。


3番目の基準
特になし。「好き」ということだけ(笑)
できればお茶会にも行ってみたいし、DSにも行きたいなあ~。
FCに入ってる友達がいればいいのに~(自分では入らない)という感じ(笑)

うーーん、こうして書いてみると、自分がどういう基準で一番のスターを
愛しているのかよくわかって、面白い。

以上、長々とお付き合いくださった皆様、ありがとうございました!
皆様のナンバー1の基準や「好きの序列」もお聞かせ願えればうれしいです。

2005/06/13 (MON)

関連記事

0 Comments

Leave a comment