fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

「精霊の守り人」実写化特番

今日は、一週間ぶりの晴天。
落ち込んでいた気持ちも、少しだけ晴れました。

少し気分を変えようと、
録画してあった、NHKの実写版「精霊の守り人」の特番を
観ました。(Hさま、お知らせありがとうございます♪)

タイトルが
「精霊の守り人」のナゾをとけ! 
~食わず嫌いのための大河ファンタジー入門~
で、なるほど、原作を知らなくてファンタジーにも
興味のない人向けなんだなということは分かりました(笑)。

っていうか、ファンタジーに全然興味のない人が
この番組観るのかな……。

実は、私、「守り人シリーズ」の実写化が決まり、
バルサが綾瀬はるかさんと知った時に
少し観る気が失せてしまったんです。

別に綾瀬さんが嫌いというわけじゃなくて
私の中のバルサのイメージと全然合わないので。
ちょっと若すぎ、線が細すぎ、美人すぎ(笑)。

バルサは、もう少し骨太で凛々しいイメージ。
それこそ、宝塚OGなんてぴったりなんじゃないかと
思うんですけどねー(笑)。

でも、今日拝見したら、いい感じでしたので
これはこれでありかなと。(なに? この上から目線<汗)

配役でいいなと思ったのは、ジグロの吉川晃司さん、
めっちゃ強そうだし、ジグロにぴったりですね。

帝の藤原竜也さんも、似合ってました。
少し若い気もしますが、ヨゴ人らしい雰囲気が出ています。

タンダの東出昌大さんも、
人が好さそうなところが、いかにもな感じ。

というわけで、配役見て、がぜん観る気になってきました。
うーーん、NHKに乗せられてる?

ただ、あらすじ読んだら、
第一話から、原作と少し違っていました(汗)。
まあ、これは仕方ないですね。
原作の世界を壊していなければ、それでいいです。

しかも、今回は「守り人シリーズ」全話をドラマ化するということで
NHKの本気度も高いですし、
配役を含めて、この先が楽しみです。

ファンタジーの実写化というのは、とても難しいと思いますが、
やるなら、原作ファンをもうならせるような
素晴らしいドラマにしてもらいたいと思います。

うーん、また原作読み返してみようかな。
胸に温かいものが広がるラストが好きです。


↓昨年の薔薇より。ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール。

rose2015_78.jpg

ファンタジーって、私は大好きなのですが
苦手という方も多いですね。
うちの夫がそうです。
面白いのに、もったいないなー。

まあ、私の場合は、
もともと脳内がファンタジーなんですが(笑)。








関連記事

0 Comments

Leave a comment