fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

お掃除は苦手です

ひさしぶりに晴れた関東地方です。
やっぱり、青空は気持ちいいですねー。

さて、前の記事で、「大掃除をしない」と書いたのですが、
正確に言えば、できないからなんです。

というのは、8年前に父が亡くなって以来、
クリスマスから年末年始にかけて
一人暮らしの実家の母が、我が家に泊まりに来るから(汗)。

まあ、母に大掃除を手伝ってもらうという手もありますが、
私の方が落ち着かないので(苦笑)。

それに、本当の年末には、おせちを3軒分
(自宅用・母持ち帰り用・夫の実家用<汗)
作らなければならなくて、バタバタするので
やはりお掃除に関しては通常通りが楽なんですね。

12月初旬にやるという手もありますが、
師走は何かと忙しいですし、お掃除に関しては、
まとめてやらなければならないという必要もないので、
分散してやることにしています。

例えば、年に一度お掃除する場所が10か所あるとしたら、
1か月に1か所やればいいわけです。

でも、1年に一度だと、かなり汚れがたまるので
私は、汚れ方の程度によって
年に2回の場所、季節ごとの場所、
月1回の場所…というように分けてにしています。

お掃除って、汚れがたまるほど大変になるので、
こまめにした方が、時間と手間を短縮できます。

こんな記事を書くと、
どれだけお掃除好きなの?と思われるかもしれません(笑)。
実際、そういうコメントを頂くことも多いです。

でも、今までに何度も書きましたが、
私は家事の中では、お掃除が一番苦手。
できればしたくないです。
永遠に汚れないお家があったら、お掃除しません(笑)。

ただ、汚れに気づいているのに放置していると
気になって、気分がモヤモヤしてしまうんです。
そのモヤモヤを晴らすためにお掃除するという感じ。

なので、汚れに気づいていない場合は
放置していてもまったく平気です(笑)。
実際、近眼で背の低い私は、
高い場所の汚れに気づかないことが多いです(汗)。

もちろん、お掃除が苦手であっても、
きれいになったのを見れば、
すっきりして気分爽快なので、
汚れていても平気というわけではありませんけど(笑)。

なんだかずいぶん偉そうに書いていますが
若い頃は、家事の本を色々読んでいたわりには
かなりダメダメな見かけ倒しの主婦でした。

今も、昔ながらのきちんとした主婦の方からみたら
全然できてないと思いますが、
まあ、当社比(笑)では、かなりマシになったかなと思います。

そんなわけで、お掃除嫌いのお仲間さん、
汚れがひどくなる前にお掃除するのも手ですよ(笑)。


そうそう、前記事のバスルーム画像の
フックにかけてある洗面器をご覧になった方から
どこのメーカーのものですかという質問を頂きました。

KEYUCA(ケユカ)で買ったものです。

シンプルでありながら、おしゃれなデザインのものが多く
気に入っているお店です。

MUJIに似ていますが、MUJIよりスタイリッシュな感じ。
ただ、アイテムによっては、
使い心地よりデザイン優先のものもあるので、注意が必要です。

オンラインショップもありますが
できたら、お店に足を運んで確かめた方がいいかもです。

  ○ KEYUCA Trevi ウォッシュボール → 
  ○ KEYUCA → 
  ○ KEYUCA オンラインショップ → 

あ、もちろん、KEYUCAの回し者ではありませんよー(笑)。

↓久しぶりにリアルタイム画像。今日の庭から。

rose2015_172.jpg

「夏の終わりの薔薇」
こういう言葉面が好き。

この場合、「バラ」ではだめで、「ばら」か「薔薇」ですね。

ちなみに「銀英伝」アニメ89話は「夏の終わりのバラ」です、残念!
(単に私の好みです、すみません。)

確か、薔薇の花束をかかえたカイザー・ラインハルトが、
マリーンドルフ家を訪れるお話でした(笑)。


夏関連のことばでは、
「インディアン・サマー(Indian summer)」というのも大好き。
日本語の「小春日和」に相当する言葉ですが、
英語では「落ち着いた人生の晩年」を指すこともあるとか。

私も、もうすぐ(すでに?)、インディアン・サマーです(笑)。










関連記事

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/06 (Sun) 08:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment