FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

生きてるって、素晴らしい。

  • CATEGORY健康
  • PUBLISHED ON2007/ 11/ 03/ 23:52
  • COMMENT0
こんばんは。
私の体調に関して、温かいコメントやメールをお寄せ下さった皆さま、
本当に本当にありがとうございます。

今回、卵巣がんという、自分でも想像していなかった病気に罹って、ずいぶん色々考えることもありましたが、家族や周りの人たちから助けられて、何とか乗り切ることができました。

人の温かさや愛情をこんなに感じたことってありませんでしたし、私は本当に幸せな人間だとしみじみ思いました。

3週間前の今頃は、ひどい吐き気で苦しんでいたことを思うと、今こうして自宅のPCに向かっている自分が信じられないです。

今、私は生きている。
そのことがこんなに幸せだと思ったことはありません。

癌という病に倒れて、生還できなかった大勢の患者さんの分まで、私はしっかりと生きなくちゃならないし、幸せになる義務があると思います。

入院していた総合病院の産婦人科病棟で、様々な女性を見ました。
新しい命を生み出し、幸せに輝いている新米ママ。抗がん剤の副作用による脱毛を隠すため、キャップを被って歩いていた私と同世代の女性。

救急車で運ばれてきた23歳の女の子は、緊急手術で子宮や卵巣を全摘し、「もう子供が産めない」と泣いていました。本当に女性ならではの喜びや悲しみが集まっている場所でした。

たまたま検査に引っかかったおかげで、私も命拾いをしました。たった10日あまりでしたが、あの場所で色々なことを見聞きし、考えました。今までの人生の中でも、かなり「濃い日々」でした。

私たち入院患者にいつも笑顔で優しく接してくれた大勢の看護師さんたち。ドクターも、人間ドックで最初に私の卵巣に不審な症状を発見し、すぐに外来に回してくれた先生を始め、執刀してくれた先生や、麻酔科の先生、内科の先生、心療内科の先生など、大勢のお医者様にお世話になりました。この方々がいなかったら、私はこんな風に暢気にしていられなかったでしょう。

人間って、意識的であれ無意識であれ、まわりの人たちの愛がなければ、生きていけないものなんだと、心底思いました。私を助けてくれた人たち、本当にありがとう。

生きているって、すばらしいです。

関連記事

0 Comments

Leave a comment