FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

杮葺落六月大歌舞伎

先日の国立劇場の『紅葉狩り』に引き続き、
今日は歌舞伎座の「杮葺落六月大歌舞伎」第一部を観てまいりました。

kabukiza_06a.jpg


演目は、
------------------------------------------------------
  其俤対編笠
 一、鞘當(さやあて)

  六歌仙容彩
 二、喜撰(きせん)

  平家女護島
 三、俊寛(しゅんかん)
------------------------------------------------------


『鞘當(さやあて)』は、四世鶴屋南北の
『浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなづま)』
の一場面です。

ドラマ性よりも、歌舞伎の様式美や、
謳うような台詞の掛け合いを楽しむ演目という感じ。
お衣装も華やかで美しいです。

 配役: 不破伴左衛門 中村橋之助
     名古屋山三  中村勘九郎
     茶屋女房お駒 中村魁春

橋之助さん、勘九郎さんのいい男っぷり、良かったです~。
私はやっぱり白塗りの二枚目名古屋山三がいいかな♪

-----------------------------------------------------

『喜撰(きせん)』は、歌舞伎舞踊。

舞踊なんですが、とてもコミカル。
歌舞伎を観るようになって、初めてこういう舞踊もあると知りました。
肩が凝らずに楽しめます。

 配役:喜撰法師  坂東三津五郎
    祇園のお梶 中村時蔵

三津五郎さんは、先月の『寺子屋』で、
武部源蔵を渋く演じていたとは思えないほど可愛かった。

そして、時蔵さんにドキドキ。
さすがの立女形(娘役トップ<笑)やっぱり素敵でした、うっとり。

私、歌舞伎の女形さんって、玉三郎さんくらいしか知らなかったのですが
玉さま以外で「この人素敵♪」と初めて思ったのが時蔵さんなんです。

この演目は、三津五郎家が代々大切に演じてきたもので
三津五郎さんも襲名披露以来、何度も踊られています。
最近は、時蔵さんとのコンビが多いようです。

---------------------------------------------------------

そしてそして『俊寛(しゅんかん)』。

母方の祖父が、東京に来るとよく歌舞伎座に足を運んだらしいのですが
東京で学生生活を送っていた母に「『俊寛』は良かった!」と
言っていたらしいのです。

たぶん昭和30年頃のことなので、八代目幸四郎だと思うのですが、
私も一度は観てみたいと思っていました。

そして、どうせ観るなら『俊寛』を当たり役にしている
吉右衛門さん(八代目幸四郎の実子でもある)で…と、
今回の公演をとても楽しみにしていました。

ストーリーはこんな感じ。(歌舞伎座サイトから拝借しました)

≪絶海の孤島に残された男の悲哀≫

 鬼界ヶ島に流罪となった俊寛僧都、平判官康頼、丹波少将成経は、
 流人の生活に疲れ果てています。

 そんな俊寛を喜ばせたのは、
 成経が島に住む海女の千鳥と夫婦になること。
 日頃の憂いを忘れて喜び合う三人。

 そこへ都からの赦免船が到着し、
 上使の丹左衛門尉基康と瀬尾太郎兼康が現れ
 三人の赦免が告げられますが、
 千鳥の乗船は許されません。

 悲嘆にくれる千鳥を見て俊寛は…。

 俊寛の孤独と悲劇を描く近松門左衛門の名作をご堪能ください。



 配役:俊寛僧都    中村吉右衛門
    丹波少将成経  中村梅玉
    海女千鳥    中村芝雀
    平判官康頼   中村歌六
    
    瀬尾太郎兼康  市川左團次
    丹左衛門尉基康 片岡仁左衛門

評判通りの素晴らしいお芝居でした。

歌舞伎らしい型芝居や華やかな演目もいいけれど、
こういうドラマ性の高いお芝居は
初心者でもよく分かるし、感情移入しやすいです。

俊寛は、千鳥を船に乗せるために、
敢えて瀬尾に切り付けて、新たな罪を重ね
たった一人で島に残る道を選ぶのですが、
遠くなっていく船に向かって
「おお~~い、おお~~い」と手を振る姿が
もう泣けて仕方ありませんでした。

盆が回り、波が押し寄せるセットも
絶海の孤島を象徴しているようで、ドラマチック。


幕切れ、岩によじ登って、
船の見えなくなった海を呆然と見つめる俊寛の孤独な表情が、
本当に切なかったです。

もうボロ泣きでした。
吉右衛門さん、素晴らしかったです! 
よかった~~。

そして…。
今回、丹左衛門尉基康というもう一人のお役人
(こちらは瀬尾と違って、とてもいい人)を
片岡仁左衛門さんが演じていらっしゃいます。

仁左衛門さんって、そこに立ってるだけで
絵のように綺麗なんですね。

4月の『盛綱陣屋』の佐々木盛綱では、
「ほめてやれ!」で涙を絞られましたが、
今日のような静かな佇まいもとっても素敵でした。

左團次さんも、憎らしい(すみません)お役人っぷり。
ただ職務に忠実なだけなんですけどね。

瀬尾が、意地悪な分からず屋だからこそ、
俊寛の哀れが引き立つわけで。

もう「おお~い」を思い出すだけで、泣けてきます。


そして『俊寛』を観て思い出したのが、宝塚の『凱旋門』です。

ラヴィックは亡命者ですし、
俊寛は高僧の身でありながら平清盛に謀反を企てたとして
孤島(九州のそのまた先あたり)に流罪になっています。

婚約者を殺されたラヴィック同様、
俊寛も妻を清盛の部下である瀬尾に殺されています。

そして、あのラストシーン。
ハイメとユリアを逃がして、ひとりパリに残るラヴィックが、
成経のために千鳥を船に乗せてやった俊寛と重なるんです。

ラヴィックと俊寛に共通する、絶望や孤独。
私がなぜ『俊寛』に心を打たれたのか、よくわかりました。



いやー、まだ卵の殻をお尻につけた「にわか」なくせに、
暑苦しく語ってしまってすみません。

でも、初心者なのにこんなに感動しちゃうって
やっぱり歌舞伎って面白いんですね。

来月は、『七月花形歌舞伎』を観る予定。
演目は『通し狂言 東海道四谷怪談』ですよ!

今から、とっても楽しみです。


あ、桂ちゃんサヨナラ以来ご無沙汰だった日比谷へも
来週、ようやく足を運べることになりました。

『南太平洋』以来の宝塚ですが、
本公演を観るのは、今年初めて。

壮ちゃんフェルゼンを楽しみにしています♪
こちらでも、涙を絞られそう。




関連記事

0 Comments

Leave a comment