fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

療養生活、開始。

  • CATEGORY健康
  • PUBLISHED ON2007/ 10/ 20/ 15:26
  • COMMENT0
皆さま、こんにちは。

久々に自然の空気に当たって、なんだか頭がすっきりしております。窓から入る冷たい秋の風と午後の日差しが、とても心地よく感じます。やっぱり、空調の効いた病室にばかりいるとだめですね~。

さて、退院一日目。ベッドでごろごろしております。家事は夫と息子が全部やってくれるので、すっかりお大尽生活(笑)。掃除と洗濯は几帳面で綺麗好きの夫が担当、料理は食いしん坊の息子が担当(笑)。今夜はハンバーグらしい…。

私といえば、ベッドに転がり、マンガを読んだりうたた寝したり。木原敏江さんの「夢の碑」シリーズ、全部読み終えました(笑)。明日からは、おモーさまの「マージナル」を読もうっと(一応、病人<苦笑)。

さて、やっぱり病気なんだなあと感じるのは、TVやDVDを見る気が全然しないことですね。病院でもTVは殆ど見ませんでしたし。動く映像はだめなんです。しかも音までついているので余計に疲れます。目と耳をいっぺんに働かせる体力が、まだないようです。

マンガや本は目だけ使えばいいし、音楽やドラマCDは耳だけでいいいので大丈夫なようです。何もせずに、ぼーっとしていても退屈を感じないということは、まだまだ本調子とは程遠いんだなと感じました。

うーーん、生の舞台を観劇できるまでには、やっぱりあとひと月くらいかかるかなあ。でも、絵を描きたいなという気持ちは、むくむくと湧いてきておりますので、気が向いたら色鉛筆を取ってみようかなと思います。

そういえば、今「大人の塗り絵」がはやっていますよね?私も入院前に、本屋さんでちょっと物色したところ、「ベルばら塗り絵」「エロイカ塗り絵」まであって、びっくりしました(笑)。

子供の頃、塗り絵が大好きだったので、療養生活中に塗ろうかと思って数種類を手にとってみましたが、やっぱり決められた枠に色を塗るのは、今の私にはダメだなと気づきました。私はデッサンするのが好きなので、その楽しい部分がなくて彩色だけっていうのは、絵を描く楽しみ半減なんですよね。

しかも、「ベルばら」や「エロイカ」だったら、自分で塗り絵作れるし(爆)。花の妖精やピーターラビットのシリーズなんかは、結構楽しそうですが、やっぱり人の絵に色を塗るのは苦手です。本当はボタニカルアートなどに挑戦してみたいと思うのですが…。細かく描くのがすきなんです(笑)。

そんな調子でのんびり過ごしております。
世の中では、忙しく働いている方も多いのに、ごめんなさい。元気になったら、私も社会のお役に立つべく頑張りますので、もうしばらく休ませてくださいね。

ではでは、療養生活便りでした♪


関連記事

0 Comments

Leave a comment