fc2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

ARTICLE PAGE

感謝祭&宙組アニキ、観ました♪

  • CATEGORY宝塚歌劇
  • PUBLISHED ON2012/ 10/ 24/ 23:52
  • COMMENT2
宙組アニキ7名出演の、
日テレ『嵐にしやがれ』はリアルタイム視聴したくせに、
桂ちゃん&みみちゃん、そして月組さん出演の
TBS『オールスター感謝祭’12秋』の録画を
ようやく今日観た私。

雪ファンとしてどうなの? それ!

だって、あまりに長時間の番組だし、
リアルで観る元気なかったんだもん。

で、やっと、ずずずーーっと早送りしながら、
宝塚のレビュー部分だけ観ましたよー。

『JIN-仁-』の主題歌が聴けて、めっちゃうれしかった!
なんか、あの1曲だけでもうるうるしちゃって、
本公演観たらどうなるんだろう、私。

しかし、あの大階段は…。
「大階段を再現!」というから、本当に再現するのかと思いきや
1/3くらいしかなかったよね? あれ(苦笑)。

ま、いいんだけどね。

でも、みみちゃんが客席の後ろから登場して、
桂ちゃんと手を取り合う演出や
パレードでの生徒さんが客席降り(上がり?)、
新鮮でよかったです。

並居る俳優&女優さんたちが、普通の人に見えた瞬間でした(笑)。

そういえば、『嵐にしやがれ』を観たときも、
メンバーがちょっとカッコイイだけの普通のお兄ちゃんたちに見えました。
(嵐の皆さま、すみません。でも、嵐は好きだよー)


最近は、なかなか劇場まで足を運べませんが、
私が宝塚を好きなのは、やっぱり夢の世界に浸りたいから。

面白い作品なら、アニメやマンガ、映画もあるけれど、
生の舞台、そして3次元の力って全然違う。

舞台なら、ミュージカルやストレートプレイもあるけれど
それらとも、宝塚は違う。

おい、そこまでやる?なカッコよさ。
ぶりっ子もたいがいにせい!といわんばかりの可愛さ。
それを、正々堂々と大真面目にやるんですよねー。

あの圧倒的な非日常感って、
生の舞台を観た人じゃないと分からないだろうなー。

歌舞伎も非日常だけれど、
宝塚は、もっと甘酸っぱい恥ずかしい感じ(笑)。

そして、観るのは好きだけど、
うっとり観ている自分を見るのは恥ずかしい(爆)。
本当に不思議な世界です。

でも、その独特な非日常感を
いつまでも大切にして欲しいと思っています。

あー、TV観たら、やっぱり生の舞台が観たくなって来た!


↓本日の画像。スイート・ジュリエットだったかな(うろ覚え)。

rose2012_17.jpg


宝塚と言えば、やっぱり『ベルばら』??

来年は、また再演ですねー。
あまり度々再演すると、有難味が薄れるような気がしますが。
(っていうか、ファンからは「また?」と言われているような<苦笑)














関連記事

2 Comments

はるこ  

暁生さ〜ん、私なんて見忘れ撮り忘れて、ヨウツベさんで見ましただぁ〜!

>宝塚は、もっと甘酸っぱい恥ずかしい感じ(笑)。
>そして、観るのは好きだけど、
>うっとり観ている自分を見るのは恥ずかしい(爆)。
わはは、ホンマや〜!大笑。
感謝祭でも俳優の女性陣、手を前に合わせてウットリって人いましたよね。
キャって手を合わせてからそのままウットリになっちゃってて自分で気がついてないんでしょうね〜、笑。

桂ちゃんとみみちゃんのラヴラヴカップル場面は
これぞ宝塚!というさわやかさ!
すみれの花咲く頃〜〜の歌を体現しているかのような甘酸っぱさ♩で、
宝塚の品の良さがにじみ出ていましたね〜。
嬉しいわぁ♩うきゅ〜。

アニキも見ましたよ〜。
そう、嵐の皆がかわいい男の子たちで、
宙組のみんなは、超高級ホストにしか見えませんでした、笑、かっこよすぎですね〜。

やっぱ生はエエよね♩

下の薔薇のアーチ、サウンドブミュージックみたいですね〜♩

2012/10/25 (Thu) 20:07 | EDIT | REPLY |   

暁生(akio)  

再認識♪

はるこさま

わーい、観られて良かったですねー。
私、今日、もう1回観ようかなと思ったら、
タダヲに消されてましたよ(怒)。
まったくう!
ネットで観られるって、いいですよね!

「手を合わせてうっとり」って、ファンモードですよねー。
どうして、ああなるのか分からないけど、
私もいつも無意識に手を合わせてしまいます。
自分の中の“乙女”を感じる瞬間…(笑)。
(スタンレーのくせに<爆)

> そう、嵐の皆がかわいい男の子たちで、
> 宙組のみんなは、超高級ホストにしか見えませんでした、笑、かっこよすぎですね〜。
あはは、まだ入店したてのアンちゃんとNo.1というか、
ちょっと『夜王』を思い出しましたよー(笑)。
あと、松潤のにかーっとした笑顔は、『バンビーノ!』だった(笑)。

タカラジェンヌは、どんなにくさくてもキザっても、
品があるからいいんですよね♪

しばらく劇場から離れていましたが、
やっぱり生の舞台が観たいなーと思いました。

最近、改めて、自分が宝塚ファンなんだと再認識しています(笑)。








2012/10/25 (Thu) 22:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment