FC2ブログ

Welcome

Atelier Iceberg Weblog

日々の戯れ言、記憶のコラージュ

よいお年を!

またまたご無沙汰してしまい、すみません。

相変わらず、慌ただしい毎日を送っていますが、
今月は月組公演に2回行き、久々にバレエの公演にも行きました。

大掃除は、特になし。
家の中のモノを減らしてから、お掃除がラクになったし、
あまり汚れなくなったように思います。

モノが多かった頃は、掃除をする前に、
まず部屋を片づけなければならず、本当にストレスでした。

もし、以前のままの家だったら、
実家と自宅の行き来が頻繁な今の生活は、出来なかったと思います。


明日は、夫が実家の母を迎えに行ってくれる予定。
私が電車で迎えに行くつもりだったのですが、
車を出してくれるそうで、本当に大助かりです。

年末年始は、毎年のことですが、夫は義母と自分の実家で、
私は、母と自宅で迎えます。

義母は、今、老健に入っているのですが、
どうしてもお正月は自宅で迎えたいとのことです。
やっぱりそうですよね(汗)。
大晦日に、お節を持たせて、夫を送り出す予定。

いつまで、夫婦バラバラのお正月が続くかわかりませんが、
一緒にお正月を迎えられる頃には、
夫は70代になっているんじゃないでしょうか(汗)。

私は、夫がかなり年上のせいか、
同世代の人よりも、「余生」を強く意識してしまうように思います。
すでに、数年前から年金生活ですしね(汗)。

夫や年上の友人のおかげで、
先のことを色々考えるようになったので、ありがたいです。


今年は、元日に、母が怪我をして救急車を呼んだり、
夏には、認知症と診断されたり、
一年を通して、母に振り回された感じでした。

来年は、もう少し平和だといいのだけど、
また色々あるんだろうなあ。

でも、大変なことばかりではなく、楽しいこともたくさんありました。
宝塚への遠征もできたし。

高齢の親を持てば、皆同じようなことで悩むわけだから、
まあまあ良い一年だったんじゃないかなと思います。

来年も、無理せず、自分のペースで過ごせたらいいなと思います。


2019_07_12.jpg


明日から母が来るので、もしかしたら、これが今年最後の更新になるかもしれません。
拙い日々の記録ですが、今年も一年ありがとうございました。

来年は、もう少したくさん書けるといいのですが、
ちょっと介護ブログ化してしまっているので、どうしようか悩み中。

宝塚も、一公演2回は観劇しているんですけど、なかなか記事にまではできなくて。
とりあえず、新年初観劇は、花組「ダンス・オリンピア」の予定。
めちゃくちゃ楽しみです!

では、皆さまよいお年をお迎えくださいませ。






認知症検査、受けてみた。そして・・・

  • CATEGORY戯れ言
  • PUBLISHED ON2019/ 12/ 15/ 20:30
  • COMMENT0
夏に、母がアルツハイマー型認知症と診断されてから、怒涛の日々を送っています。
要介護2の認定を受けた母は、今は週2回、デイサービスに行ってくれるようになりました。

デイサービスが思いのほか楽しいようで、
お友だちも出来て楽しそうな母を見てひと安心というところで、
私も昨年からちょっと気になる症状があり、
母がお世話になっている病院で、認知症の検査を受けることにしました。

先生は、はじめ、「え? 娘さんが?」と驚いていましたが、
この病院のMRIは開放型なので、普通のMRIではダメな私も
ここなら大丈夫かなと思うので受けてみたいというと、
予約を入れてくださいました。

  ●MRIがダメだった時のお話↓
     「ダメだった…(涙)」
      http://iceberg59.blog100.fc2.com/blog-entry-1290.html
   
というわけで、先週検査を受けてきたのですが、
……やはり、MRIはダメでした(涙)。

開放型とはいえ、検査室には自分一人きり。
筒型ではないものの、身体を固定される恐怖と圧迫感に耐えられませんでした。

飛行機にも一人で乗れるようになり、もう大丈夫かなと思ったのですが、
やはりダメなんですね……。

麻酔をかけて検査はできないのですか?と技師の方に聞いたら、
麻酔のリスクの方が大きいので、そこまでしての検査はしませんとのこと。

そういえば、手術の時も、麻酔医の先生が来て色々説明していったなあ。
手術台に乗る時、めっちゃパニックになったし。
すぐに麻酔が効いて、気づいたら手術終わってましたけど。

まあ、そんなわけで、長谷川式の検査だけ受けました。
どんな検査かは、何となく知っていましたが、ちょっとドキドキ。
(母が検査するときは、同席していません)

でも、実際自分が受けてみて、正直、「え、こんな簡単な問題なの?」という印象。
今日の日付、自分の名前の他に、例の100から7ずつ引いていく計算や、
図形や文章を書いたり、言葉を覚えたり。
結果は満点でした。
普通の人なら、みんな満点なんじゃないかな?

そして、母はこんな簡単なテストも出来なかったの?と、びっくりでした。
そういえば、自分の年齢も71歳とか言ってるし(本当は84歳)。
最近では、「私、いくつだっけ?」とか聞いてくるし(汗)。

まあ、テストはそんな感じだったのですが、
その後の先生との面談で、
「ちょっと介護依存じゃないかな」
「軽いうつ病かもしれない」
と言われてしまいました。

自分では、そんな自覚はまったくなかったので、
びっくりして否定したのですが、
私と母が共依存に陥っていると言われ、複雑な心境になりました。
確かに今の母は、私に頼り切っているけれど、
それって、もしかしたら私がそうさせているのかなーと。
とりあえず、先生の勧めで、今度カウンセリングを受けてみることになりました。

母が認知症になってから、今まで以上に母の生活に深く関わるようになり、
私が母の生活をコントロールしている部分があるのかもしれません。
自分では、母のためによかれと思ってやっていることなのですが、
ただの独りよがりな自己満足だったのかな。
そんなことを考えると、ちょっと落ち込みますね。

むかーし読んだ、アガサ・クリスティーの「春にして君を離れ」の主人公を思い出します。
確か、まだ独身だったと思うのですが、
まるで自分のことを書かれているような気がしたものです。

若い頃は、まだ若さゆえの未熟さを自覚していたので、
独善的なところのある自分を省みながら、生きていたように思いますが、
年齢を重ねて、鈍感になったのか、ずうずうしくなったのか、
周囲の人々、特に家族に対して、自分の考えを押し付けるようになっているのかも。

「私はこんなに頑張っている」
「頑張っている私を認めて欲しい、認めるべきだ」
心の奥底で、そんなふうに思っているのかもしれません。
わー、ちょっとイヤな女(汗)。

シニアになっても、日々の生活の中に色々な気づきがあると、
改めて感じているこの頃です。


2018_12_03.jpg

久しぶりに、家でゆっくりしています。
明日から始まる怒涛の日々に向けて、ちょっと骨休め。
もちろん、楽しい予定もありますが、体調に気をつけながらがんばります。











連続でアクシデント

  • CATEGORY戯れ言
  • PUBLISHED ON2019/ 12/ 14/ 14:00
  • COMMENT0
12月に入り、朝は氷点下まで気温が下がり、霜が降りたかと思うと、
日中は20度近くまで気温が上がる日もあり、
身体が付いて行きません。
最近のお天気は、「ほどほど」というのがないですね。

私は、相変わらずの日々を送っています。
母のところに行く時には、交通費節約のため、
なるべく夫の実家行きに便乗して、車で行くようにしていますが
夫と予定が合わず、電車で行くことも多いです。

車だと、たいてい首都高が渋滞しているので
時間的には、電車で行く方が早いのですが、
ここ2回ほど、連続してアクシデントがありました。

先週は、実家に行く時に乗ったJR常磐線での人身事故。
千葉県の我孫子駅を通過したところで、突然ガタンという衝撃があり、
???と思っていたら、ブザー音と共に電車が止まりました。
数分後に、「ただいま人身事故がありました」との車内放送があり、
救出活動&現場検証などで、そのまま1時間以上停車。

乗っていた電車は回送電車となり、隣の柏駅止まりとなったため、
柏駅のホームで、30分ほど電車が来るのを待ちました。

本当は、品川駅まで乗る予定だったのですが、
事故の影響で、すべての電車が上野止まりとなってしまい、
上野からは銀座線に乗りました。

そんなわけで、いつもなら1時間半から2時間で実家に着くはずが、
なんと4時間もかかってしまいました。
昼過ぎに自宅を出たのに、実家に着いた時はもう真っ暗で、
クタクタに疲れ果てていました。

自分が乗った電車が人身事故に遭遇するのって、これで2回目なんですよね。
初めては、高校時代に乗った東武東上線の池袋行き。
志木にある親戚の家から、東京に帰る途中でした。
2回というのが、多いのか少ないのかわかりませんが、
何度経験しても、嫌なものです。

でも、これだけでは終わりません。
今度は、ちょうど1週間後の朝、デイサービスに行く母を見送った後、
実家から自宅に帰る途中、またも常磐線松戸駅で人身事故。

幸い私の乗った電車ではありませんでしたが、
とりあえず、品川から上野まで山手線で移動し、
上野駅に停車中の土浦行きに乗って、発車を待ちました。

車内で1時間ほど待って、無事発車しましたが、
2週連続の人身事故、これって年末の忙しない時期だからなのか、
たまたまなのか、どうなんでしょう。

ふと気になって、ネットで調べたら、こんな事実が。

●初公開 「鉄道自殺数」が多い路線ランキング
  過去10年累計を比較、もっとも多いのは?(東洋経済オンライン)
   
  https://toyokeizai.net/articles/-/120456?page=2

2016年の記事なので、今はどうなのか分かりませんが、
首都圏に限って言えば、
1位:JR中央線
2位:JR常磐線
3位:東武東上線
4位:JR京浜東北線
5位:JR宇都宮線
という結果だそうです。

確かに、中央線は、以前から人身事故が多い印象がありましたが
ワースト2位が、私がいつも利用している常磐線だとは(汗)。
しかも3位は、高校時代に人身事故に遭遇した東武東上線……。
確かに、データは事実のようです。

まあ、常磐線は東京の品川駅から福島県のいわき駅までと、
総延長が220キロ以上と、結構長いですから、人身事故が起きる率も高いのかも。
車両故障や信号故障での遅延なんて、度々ですし(汗)。

そう言えば、実家の最寄駅は京王井の頭線沿線なのですが、
人身事故というのは、あまり聞いたことがないです。
駅と駅の間が短いこともあり、スピードが出ていないからかな。
井の頭線は、渋谷―吉祥寺間と、とても短い路線ですし、
他社の路線との乗り入れをしていないので、あまり遅れることもないですね。

そんなわけで、観劇や旅行に行く時など、いつも少し早めの電車に乗る私です。
来週も、また東京に行く予定が何度かありますが、
人身事故だけには遭遇したくないと願っています。

常磐線にも、はやくホームドアが設置されるといいのですが
都心の駅が優先だろうから、まだまだ先でしょうね。


↓冬の薔薇

2019_12_01.jpg

母のことで忙しく、最近庭の手入れが全然できていません。
自分のことと母のこと、バランスを取るのは、なかなか難しいですね。

みんな、どんな風に親と向き合っているのかなー。
介護中の友人の体験談は、色々と参考になるし、本当にありがたいです。

ご無沙汰です。

気づけば、師走になっておりました。
本当に1年、早いですねー。

先月半ばよりPCの調子が悪く、とうとう立ちあがらなくなってしまいました。
夫にみてもらいたかったのですが、夫も義母の介護で忙しく、
今日、ようやく初期化して、復活しました。

PC内のデータが全部消えてしまうのかと覚悟していましたが、
何とか救い出せた模様です。
ほっとしました。

スマホでもブログ更新はできますが、どうも慣れなくてダメですね。
やはりキーボードの方がずっと楽です。
画面も大きいですし。

というわけで、またボツボツと日常を綴っていこうと思いますので
またよろしくお願いいたします。

ただ、明日からまた実家ですので、実家にいるときは更新できないかも(汗)。
母がいると、落ち着かなくて……。
すみません。


↓実家の近所の紅葉

2019_11_04.jpg

古くて高い木が多いところなので、なかなか綺麗です。
ただ、落ち葉掃除が大変です(汗)。

近況です

こんばんは。
相変わらず出かけることが多くて、落ち着いてPCの前に座る時間がありません。
先週は、自分の実家と、夫の実家のお墓参り&義母の面会で、
自宅と東京を行ったり来たりでした。

明日から、また東京です。
今週は、私も病院の診察の予約があるので、実家から行く予定。

最近、母がスーパーにも行けなくなってきていて、
近所の100円ローソンにばかり行っているようなので、
今週は、一緒に買い物に出掛けようかなと思います。

毎度毎度、同じような話題ですみません(汗)。


↓今朝のウォーキングでの風景。

2019_11_03.jpg

早朝ウォーキングも、最近は週1回くらいです。
でも、実家に行くと、車がないので、けっこう歩いていますね。